実践的音楽情報局 SUPER PIRATES

見て聞いて知って得する実践型音楽情報館

★ロックオヤジ!! part13

■No.579■


Hash Redactor / Drecksound

■(2019)■2020年おめでとう!!新年一発目はこちら!!でどろも何もわからずてにしたインディバンド。じつは結構有名なインディバンドたちの集まりで、なんともダークでノイジーなポストパンク。というよりもパンクだ。勢いでつきすすんでいくところなんかがこれ、意外に好き!!というかか、なかなかはまる。まだまだこういう人タイはいるんだよねっていうのがわかってなんか安心した(笑)(taka-zoo)


official site

movie

movie


■No.580■


Fleeting Joys / Speeding Away to Someday

■(2019)■シューゲバンドは数多くあれどデビュー作がマイブラの新譜よりもよっぽどマイブラとして一気にソールドアウトしたほどの完成度を誇る奇跡のサイケシューゲイズユニットが10年ぶりに突如ネットのみ配信した三枚目。(日本ではCD化がゆるされたけどパッケージが売れることもあるけどまだ配信後進国ってことなんじゃないかと…)なわけど10年たってもやっぱり出来は変わらず。まあマイブラが完成させたわけではないけど、やり方や方法論もおそらく一緒なんだろうね、好きなんだろうけど模してるわけじゃなくてそうなっちゃうってことだとは思う。けどそんな人たちが実際いないからすごいってことなんだろうね(taka-zoo)


official site

movie

movie


■No.581■


Drugdealer / Raw Honey

■(2019)■ココには何度も名前あげたサイケガレージなインディロック野郎マイケルコリンの別プロジェクトの2枚目。っていうことを実は全く正体も知らないで4年前に1枚目を紹介してることにこれ書いてるときに気が付いた(笑)前回アルバム出したけどライブやりたいから集めたメンバー中心に録音したのが今回だそうで、話題のレトロ兄弟レモンツイッグスもゲスト参加。一言でいうと古いねー!でもサイケやガレージではなくスワンプフォークロック。ほのかにサイケ感が顔を出すけどオールドタイミーな毒の抜けた感は受けはかなりよさそう。実際に日本版も出て視聴機にもばっちり入ってるってことはそういう事(笑)別に無理して古臭くしてるわけでもなく好きな人が好きなことやるために集まって完成させた贅沢なインディ。うらやましいね。(taka-zoo)


official site

movie

movie


■No.582■


Amy O / Shell

■(2019)■おんなじ名前のジュエリーデザインがあるけどこれはジャングリー界隈でちょっと話題になったSSWエイミーちゃんのソロユニットのようなバンド。もともと宅録でやっててローファイ要素が強いひねくれポップだったから同系列からわすれられがちだったりするんけど、ざっくり見るとガレージ好きの人のほうがアピールできると思う。同時期に出てる女性ソロバンドの中でも微妙な立ち位置になっちゃったとおもうけど思うけどそれが味。これからどうなっていきたいのかわかんないけどこういう初期衝動的な時が一番面白いんだよね〈taka-zoo)


official site

movie

movie


■No.583■


Teenage Filmstars / Star

■(1992)■いまからちょっと前の時代、ストーンローゼスやニルヴァーナソニックユースマイブラが時代を作り替えるころにクリエイションから突然復活したバンドのシューゲイズサイケの裏名盤。サイケやシューゲやポストパンクなんてちゃんと知らない学生時代に聞いたときに何がサンプリングでどこがカットアップなのかわかんなくて壊れてるんだと思ったくらい驚愕のアルバム(笑)さらにここまでやってもいいんだって教えてくれたのもコレ!!マイブラが3枚目を作ったらきっとこうなっただろうといわれたこともあったのも納得。〈taka-zoo)


movie

movie


■No.584■


En Attendant Ana / Juillet

■(2020)■いやにお洒落なジャケットだと思ったらフランスのガレージインディバンドでシカゴのレーベルから出るといういかにもステレオラブ、トータス、シーアンドケイクな懐かしさを想像しちゃうけど、これがあながち間違いでもなく(笑)女性ボーカルでジャングリーポップで突然トランペット入ってきて基本歪んだギターが絡んできてシンセサウンドはいって、っていうなんかごちゃまぜなバンド。今の時代らしくキット先入観なんかなんもなくて、偉大な先人の偉業も音楽もなんとなく聞いてて自然にこんな感じになったんだろうね。混沌とした感じが宇宙に連れていかれるんだけど、それがまたきもちがいい。絶対にメガヒットも炸裂もしないんだろうけどそういうところもっくるめてオススメ〈taka-zoo)


official site

movie

movie


■No.585■


BECK / Hyperspace

■(2019)■デビューしたころは異端児扱いでベックと言ったらジェフベックって言われてたけど今やすっかり大御所。日本じゃ同名漫画のほうが有名だったりもするけどそもそも漫画の題名の由来はこのおひとだからね(笑)本国じゃここまでくるとポップミュージックの天才とまで言われちゃったりして、結果を出した人間はちがうね(笑)かといって一切落ち着くわけでもなく、ファレルウィリアムスとも共演したりして。カタカナロゴにセリカ3代目のもろい80年代なジャケットが時代の微妙な先端っていう独特のセンスをぶち込んできたわけだけど、決して今までの概念をぶち壊すとんでもない作品ではないんだけど聞くほどにじわじわ効いてくる〈taka-zoo)


official site

movie

movie


■No.586■


Notches / New Kinda Love

■(2019)■たぶん一部のメロディックパンク好きにだけ認知されてたんじゃないかと思われるアメリカのオルタナパンクバンド。3枚目らしいけどついに日本版がでてボーナスが2枚目っていう売りましょう作戦。ってか日本版なんかそもそもないインディなんかしぬほどあるし別にそんなにいうほどのことじゃないけど(笑)で、この人たち相当いかれたテンションでライブのごとくノンストップにアルバムが終わる。それでいてパンクでくくってしまうのはもったいないオルタナロックぶり!しかも一貫して轟音!どこから次の曲になったのか正直わからんほど(笑)でもってドラムや何やらテクもすごいし、正直かっこいい!!METZが出てきたときもそうだったけどこの手の奴らはポテンシャルスゲーな(笑)〈taka-zoo)


official site

movie

movie


■No.587■


HMLTD / West of Eden

■(2020)■ロンドンのアングラデジタルパンク野郎のデビュー作。アー写が常にコスプレ集団、グラムパンクとか言ったいいのか悪いのか、とりあえずできそうな思しろそうなこと全部やったら、スーサイドばりの凶暴なデジタルパンクになったという感じ。でもデジタルなのに基本がバンドっていうところが少人数のデジタルパンクとは違うし、かといってジーザスジョーンズとかの90年代デジタルロックとも違う。かなり凶暴なんだけどそれでいてお洒落。なんかつかみどころがないところも2020年代なんかもあいれない。個人的には見た目は普通の人たちだったらよかったかなーって思ったりするけど、こんな突然変異したような集団はいったい誰のどんなセンスなんだ(笑)〈taka-zoo)


official site

movie

movie


★キクぜ!!超クールなロックオヤジ養成講座!!
PART1 PART2 PART3 PART4 PART5 PART6 PART7 PART8 PART9 PART10 PART11 PART12 PART13

★目指せ!!激渋ロッケンローラー矯正編(涙)!!
PART1 PART2 PART3 PART4 PART5 PART6 PART7 PART8 PART9 PART10 PART11 PART12 PART13

★あなたの人生を豊かにするちょっとディープなカーステレオライフ!!
PART1 PART2 PART3 PART4 PART5 PART6 PART7 PART8 PART9 PART10 PART11 PART12 PART13