実践的音楽情報局 SUPER PIRATES

見て聞いて知って得する実践型音楽情報館

★激渋!! part13

■No.579■


Salt Water Taffy / Finders Keepers

■ (1968)■新年最初は以外にに忘れられがちなソフトロックを!この人たちはなんかさらに忘れられがちなんだけどこうしてしっかりアルバムを残せてるわけだからかなり有名だったはずだし、いまでもこうして聞けるんだから有名だったはず。いわゆるコーラスグループなんでそのまま見た目のイメージ通り。なにがすごいって日本で再発したときにブルースペックででたことかな。先にママスアンドパパスとかフィフスディメンションじゃないの?なぜこのマイナーな人たちに(笑)って思わずおもったけど出来がいいわけだしコレクター心にグッとくるんだよね。それはそれでこういうことする日本ってすごってことですね(笑)(taka-zoo)


movie

movie


■No.580■


Suicide / Suicide

■(1977)■これぞデジタルパンクの元祖!!というかアングラのデジタルパンクなんてこれしかないんじゃないか?パンク全盛期にNYから突如現れた異端児。決して売れることはなかったけど今でも影響を与えたつずける二人組の歴史的デビュー版。説明するならチープな打ち込みに狂気のヴォーカルのみ。なんだけど聞いたわわkる正真正銘のパンク。見方を変えればクラウトロックの系譜に入りそうなんだけど、あくまでもパンクでロックンロール。ミュージシャンオブミュージシャンではあったけど確実に時代に名を遺してて、有名なのにすぐに廃盤になってなかなかお目にかかる機会がないっていうのがまたそそる(笑)ちなみにsix.by sevenの別ユニットFuckMeUSAの元はこれです(taka-zoo)


movie

movie


■No.581■


The Eyes ・The Piupils / The Immediate Pleasure

■(1966~)■二つのバンド名があるけどどっちも同じ人。これはいわゆるコンピ的な2in1.UKでフーが人気になり第二のフーを目指してイミディエイトがおくりだしたけどヒットしなくてシングルで消えてしまったアイズが変名で出したストーンズのカバーアルバムを両方を一枚にまとめたのがコレ。フーを目指しただけあってそこそこ迫力ありだし出来だって悪いわけじゃない(けどそっくりにしたらフーに及ぶわけがない(笑))。60年代ガレージやサイケコンピなんかにはよく入ってくる人だけど、なかなかまとめて聞く機会はないのでmid60'sが好きな方には是非(taka-zoo)


movie

movie


■No.582■


Sounds of Modification / Sounds of Modification

■(1968)■ジャケを見るだけでわかる(笑)ハーモニーポップなサイケソフトロック感。アトランティックでJBとかアレサとかラスカルずを手がけた名プロデューサーのBob Galloのサイケ・ポップ/ソフト・ロックプロジェクト。企画ものの中でもかなりレアだしもちろんヒットもしなければ曲も有名でもない。でもプロデューサー自体が有名だったおかげだと思うけどブライアンウィルソンとかカートベッチャーの流れで完成度は間違いはない。といっても時代的はすでに最先端ではなく絶頂期から下降に向かうソフトロックやっててもちょっと二番煎じなんじゃないのって今では思うけど、再発してもすぐに廃盤になっちゃうからこの辺のコレクターは見つけたら即買いだね。〈taka-zoo)


movie

movie


■No.583■


Roy Wood / Mustard

■(1979)■ロイウッドといえばUKの誇るメロディメーカーで楽器も何でもこなすからポップの魔術師なんていわれてるんだけど、ムーヴにジェフリン入れたとたんにムーヴをつぶして一緒にELOはじめて…順調に行くとジェフリンに任せて自分はウィザードはじめて……恥ずかしがり屋の変態ではないけどそんな彼がウィザードで変なメイクしてる頃に作ったソロがコレ。というか演奏だけじゃなくミックスもジャケットもほぼすべてを一人でやった宅録アルバムの金字塔。ギターベースドラムだけじゃなくホーンもやるんかい!ってなかんじだけどジャケットの気持ち悪さとは裏腹にとんでもなくポップなアルバム。ただし多重録音がとんでもないことになってるというのは是非聞いてほいいところ。宅録といっても最近のDTMなんかとは全く逆だけど、一体どんだけの時間でこれ完成させちゃったんだろう。すげーわ〈taka-zoo)


ufficial site

movie

movie


■No.584■


Gene Clark / No Other

■(1974)■なかなか評価してもらえない元バーズの創設メンバー。ソロになっての4枚目かな?そもそもバーズなんかもう知らないんじゃないかとおもう今日この頃だし日本じゃ知名度も今ひとつ。まあカントリーとかやったりするから確かに日本人にはなじみがないのも事実。で、このアルバムはその彼のアルバムの中でもさらに埋もれてたのに40年以上たって急に再評価されたという時間差で有名になったもの。もともと玄人受けな出来でセールスも今一つだったんだけど今までやってたサイケもフォークもカントリーもロックも、さらにはソウルまで入れててジャケのイメージがほんとそのままな。確かになんでもありな今のほうがしっくりくるのかもね。これなかなかいいんだよー〈taka-zoo)


ufficial site

movie

movie


■No.585■


YES / Time and a Word

■(1970)■イエスの2枚目でピーターバンクス最後の作品。初期イエスの中でもお気に入りの人も多い名盤。このジャケットもいかにも出かっこいいよね。まだ時代がプログレというよりアートロックブームの中でコチラも負けじとオーケストラの導入(ピーターバンクスが反対してたんでこのあとスティーブハウが入るわけだけど)。まあ明らかにバンドとオケがちぐはぐなところもあるけどそれはご愛嬌。それよりも個人的にUKベーシストと言ったらツェッペリンとフーとイエスってくらいに気に入ってるんだけど。特にこのアルバムはクリススクワイアのブリッブリのリッケンベースが炸裂しててそこもオススメ(笑)(taka-zoo)


official site

movie

movie


■No.586■


Cathy Young / A Spoonful Of Cathy Young

■(1969)■サイケペイントのフォークギターにヒッピーな衣装のジャケを見てピンときたらそのまま間違いのないカナダのSSWのデビュー盤。説明の必要もないほど、アシッドフォークを中心にサイケ、ブルースにジャズをちりばめた激渋な作品。ブームとかはやりとかだったりもするんだろうけど、いくらサイケだヒッピーだって言われてもこれかんぜんにキマってるでしょ(笑)っていうほどにどんよりとした幽玄といえばいいのかわかんないけどまあ渋い。どうもまだ10代のころの作品らしいけど相当通ごのみな1枚ですな。(taka-zoo)


official site

movie

movie


■No.587■


Cluster / Zuckerzeit

■(1974)■デジタルロックとかテクノポップのオリジネイターといえばドイツ勢。シンセがまだ巨大な機械だったころ難解な実験デジタルノイズやってたKlusuterが、Clusterに改名して多少ポップになって(たぶん本人たちもこなれたんだと思う)その後ノイと一緒にハンマービート+デジタルポップなハルモニアをやりつつ、ブライアンイーノと一緒に次第ににアンビエントになっていくんだけど。これはハルモニア前後に出した3枚目。たぶんクラスターの中では一番ききやすいしとっつきやすいんだけど、ある意味ぶっ飛んでくれないんで微妙に黙殺されてる悲しい1枚。テクノポップでもなく実験音楽でもテクノでもない微妙な人たちだけど初めて聞くならこの辺が一番オススメ(taka-zoo)


movie

movie


★キクぜ!!超クールなロックオヤジ養成講座!!
PART1 PART2 PART3 PART4 PART5 PART6 PART7 PART8 PART9 PART10 PART11 PART12 PART13

★目指せ!!激渋ロッケンローラー矯正編(涙)!!
PART1 PART2 PART3 PART4 PART5 PART6 PART7 PART8 PART9 PART10 PART11 PART12 PART13

★あなたの人生を豊かにするちょっとディープなカーステレオライフ!!
PART1 PART2 PART3 PART4 PART5 PART6 PART7 PART8 PART9 PART10 PART11 PART12 PART13