実践的音楽情報局 SUPER PIRATES

見て聞いて知って得する実践型音楽情報館

★ロックオヤジ!! part7

■No.323■

石崎ひゅーい / 独立前夜
■ (2014)■あけおめんこ〜!俺の搭乗は久しぶりですっ。最近はちょっと再発ものを買ってたりとか国内の昭和系のものとかとかかったりとかとかしてたぁもんだからさぁ・・・。って久しぶりの新譜っっていってもちょっとたっちゃってんのカナ?もう結構ちらほら見かけたりするようになってるけどぅドメスティックからのぉでキタぜ!本名もひゅーいこと石崎ひゅーいくんだってさっ。なんていったって聞いてもらえば分るけど歌がいいねぇ曲、詩とこてまた何拍子もそろっててさぁ嬉しくってちょっと泣きました(笑)出て来るんだねぇぇって結局さぁ、淡々とがんばって欲しいねぇこれからどんな曲が出てくるのかが楽しみぃ、夜間飛行をまず聞いてみいぃ。
official site
movie1
movie2

■No.324■

HaKU / Simulated Reality
■ (2012)■夕方のtvkでさJ-POPのプロモとか掛かってるのを時々みるんだけどね、このバンドの、多分今出てるシングルだと思うんだけどそれがすっごくかっこよくって早速?アマゾンにて購入しました!調べるとその曲って言うのは残念ながら別のミニアルバムだけの収録でこのアルバムにはまだ入ってないんだけどねぇ。ミニアルバムってなんか買う気がしないってない?で、ロックの新作は結構チェックしてるけど最近なかなか本当の意味でのアップ・デートがされないっていうのかさぁ?同じ内容の曲違い、とかバンド違いみたいな?そういうのが多くていまいち購買意欲がわかない(笑)。そんでもってこのバンド、演奏アレンジも抜群だし曲もいいしねぇ。あぁ久しぶりにロックが更新されたなぁ・・・しかも日本じゃん!?って感じで嬉しくなっちゃうぅ。変に売れ線になっちゃったりとかしなければいいけど、っと稼げないだろうしねぇ・・・。(笑)大変だよねぇがんばれ!
official site
movie1
movie2

■No.325■

Joanna Gruesome / Weird Sister
■(2013)■いいから聞け!的に視聴機にはいってたから迷わず聞いて、迷わず購入。なんだろうねー、いつも急にこういう若者現れるね、ペインンズなんとかってシューゲポップもそうだったけど、聞いてて当たり前的にシューゲもオルタナグランジもパンクも経過してそれでいてボーカルはかわいいおんなのこしてるところが次世代風。メロも曲も思いつきなのか計算してるのか、次にどう出るかぜひ期待!!今年はいろいろいいのがそろいそうだね(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.326■

Temples / Sun Structures
■(2014)■最近の流行かどうか60’PSYCHE を模したバンドもいっぱい出てきてココにも色々乗っけてるけどUKっぽいけどアメリカだったりDUNGUNみたいに完全にフリーキーであっちいっちゃったりしてる人もいるけど、あくまでも独自に好きなこと追求したらこんなになっちゃいましたなサイケ野郎がUKからデビュー。コレは完全にバンドでギターロック。でも12弦使っちゃうみたいな。といってもかなり前からずっとこんな感じで周りにこんなバンドは全然いなくて浮いてたらしいよ。それだけこなれてるんだと思うけど元オアシスのギャラがーさんからも絶賛されてるとかで、やっぱりビートルズ生んだUKから出てきてくれたことがうれしいね。ストーンローゼスのときも同じような印象を受けたけど、ジャンルは違えどこれぞUK産って感じがたまらんね。本人も言ってたけどオリジナルサイケとか好きだけど自分たちでやるならHi‐Fi経由しちゃうのは現代のマナーだとして割り切ってるところもなんかいい!おっさん受けのほうがいいかも(笑)(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.327■

Solids / Blame Confusion
■(2014)■カナダ発ノイズパンクポップユニット、ソリッズのデビューアルバム、またまた聞きもしないでジャケの見た目で買ってみた!!ちょっと前にはやった目を凝らすと3Dに見えるアレね(笑)みたけどどういう立体なのか良くわからんかった、手のひららしい…ってことはおいといて、ユニットって言うくらいだし二人組みっス。ソリッドっていうのもそのままなイメージ!ドラムとギター!アルバムではベースとかサイドギターもオーバーダブしてるけどね!いろいろこのくみあわせもいるけどその中でもストレートにパンクしてて勢いもありすぎ!歪みまくり!!ってわりにはメロがポップだったりリバーブかかりまくりのVoだったりサイケチックなエフェクトだったりなかなか癖のあるやつらっすね、別に2人じゃなくてもいいのにっておもったりしたけど次ぎ出る頃にはメンバー増えてるかな前に乗せたMezだったかなあのへんのドカドカグイグイダイブしまくり系な方々へ(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.328■

Painted Palms / Forever
■(2014)■最近はメジャーどころが元気ないような気がする今日この頃。またもや変態新人現るって感じで、前にかいてるtemplesがUK王道サイケロックだとしたらこっちはシスコサイケポップって所かな。なんか昔のエレファントシックス界隈を彷彿させる感じ。ビートルマニアがdiscoしてる様だってどっかで見たけどたしかに言いえて妙。まあバンドじゃなくて2人組のユニットってことらしいけどどこかカラッとしてて、こんくらいのこだわり具合が好きかも。ちょっと気になったのはCDが台湾メイドなんだけど最近インディー系はこっちなのかな?(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.329■

Tess Parks / Blood Hot
■(2013)■あのクリエイションを作ったアランマッギーの新レーベルから出てるっていったら悪いものじゃないよね。しばらく昔の人かと思ってあんまりきにしてなかったんだけどいつまでも視聴機にひらずみされてたもんだから、やっぱり避けて通っちゃいけないなーってね。れっきとした新人さんでカナダのシンガー・ソングライター&フォトグラファー、オルタナフォークっていうか、現代版ニコというか、なんとまーサイケ風味満載でベルベッツのバナナジャケットが頭をよぎったね。ボブ・ディランニルヴァーナビートルズストーンズツェッペリンを聞いて育ったとかなんとか…うんちくとかいろいろ言っても結局これはジャケ買いでしょ?いやいや音も十分イケテルヨ(笑)(taka-zoo)
official facebook
movie1
movie2

■No.330■

Cheatahs / Cheatahs
■(2014)■最近のUKの新人さんはげんきもでてきたようでこちらもその一つ。最近シューゲ系も流行っぽかったけどなかなか野郎共でいなかった感じ。オルタナパンク+シューゲイズサイケって感じでエッジの聞いたギターにリバーブギター乗っかってそれでいてリズム隊はドカドカくるっちゅうのかな。ジャケの印象そのままって感じ!!ちなみに乗っけたジャケ写は赤だけど俺が買ったときには同じ写真で緑しかなかった、青パターンももあるらしいけど…、これって国別なの(笑)?(taka-zoo)
official facebook
movie1
movie2

■No.331■

Destruction Unit / Deep Trip
■(2013)■個人的に最近気になってるインディレーベルでSecred Bones Record ってあるんだけどアナログとか普通に出してるところでさ、ジャンル云々ってよりダークサイドなところなんだよね。ってかんじでそこから去年出ていたのがこれ!詳しくはわからんがアリゾナのパンクガレージ・サイケ・バンドらしい。というか一聴してそのまんま。激爆音で最初はヘッドフォンが壊れてるのかとおもった(笑)まさにディープトリップ!!これって同じく個人的に好きなTheMenのリーダーがレコーディングしてるとかで空気感同じなんだけど、混沌って意味でのサイケというのかね(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.332■

Cloud Nothings / Here & Nowhere Else
■(2014)■前回のアルバムがとんでもないほどの高評価もうけていちやくオルタナ界の新生になっちゃったとおもったら早速3枚目も出してきたね。前は乾ききった空気感でグイグイきたけど今回はドラムが爆裂した高速パンクなノリで重心低めなオルタナパンクロックな出来。前もそうだったけどドンカマなんて知ったこっちゃない感じでテンポもゆれるゆれる(笑)最近は機械的な人が多いからこういうの聞いちゃうと気持ちが高ぶってきちゃうね。オーバーダブはもちろんしてるけど3ピースってところがまたいいんだよね。(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.333■

Beck / Morning Phase
■(2014)■最近はプロデュースとかしてたり、とかで色々なひととやってると思ったけど俺の中ではずっとルーザーのころでとまってて敬遠しちゃってた。けど店でまったりとしたスローテンポなフォーク調のカッコいい曲が全開で流れてて最初は誰かもわからなかったんだけど良く探してみたらコレだった。ずいぶんと様変わりしたなーとか思ったんだけどかんがえたらサーストンムーアと一緒にやってたりするくらいだしこんなところにまで到達してたのね。同時にこのアルバムと対になる昔にもどったようなリズミックなアルバムも作ってるそうだけどコレは時期的にもぴったりはまったね。なかなかオススメよ(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.334■

Eagulls / Eagulls
■(2014)■UKの今時のパンク野郎共のデビューアルバムだそうだね。なんでもブルーワーカーだそうでそのままパンク精神まで引き継いできたみたいだよ。見た目はかなり微妙なんだけどね(笑)らしからぬところがまさに今時なんだろうね。で、出来はというといいよこれ。音はいまのおとになっちゃってるけどストレートにガツンとくるね。いやキタね俺は。(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.335■

Black Joe Lewis / Electric Slave
■(2013)■新譜っていってもちょっと前なんだけど去年の新譜。前作でオールドソウルアルバムかとおもったくらいよいもの作ってくれたBlack Joe Lewisが今度はパンク精神を引っさげて出したギター歪みまくりシャウトしまくりの3rdロックアルバム。買ってたんだけどどこかに行っちゃってて最近発見してまた聞いてる。好き嫌いは分かれそうだけど俺は好き。じゃなかったら押さない(笑)一聴するとノリで一発録りって感じだけどそこはしっかり作りこんでて聞き応えあり。音のほうは彼を知ってたら疑うことなしでしょう。ライン録りなん念頭におかないでね。(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.336■

Nothing / Guilty of Everything
■(2014)■USシューゲイズって言えばいいのかな?といっても最近ちょっとはやってるさわやか系じゃなくてもっと90sオルタナティブ的なマイブラよりもメタル風っていうかそっち系の人にも喜んでもらえそうなダイナミックな感じ。と思ったら本当にその系の人のバンドなのね。ジャケ見て気がつけってね(笑)個人的なはポストメタルとかいわれてるんは率先しては聞かないんだけど、コレは変に偏ってなくていい感じで宙ぶらりんな感じだね。というところがオススメなんだけどね。(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.337■

Nine Black Alps / Candy For The Clowns
■(2014)■今ってひそかにグランジ復活でブームキテルらしいね。たしかにそんな感じがしないでないけど、このバンドもその走りっていうか、かれこれ5枚もアルバム出してるんだね。しかもUK、でグランジっていうとかなり特出しちゃってるよね。なかなか波に乗れなかったみたいだけどそろそろ着てるんじゃない?1stもおれは持ってるけどこのくらいがっつりグランジですてやってるほうが男らしいっていうかカッコいいよね。個人的にはなつかしいって感じだけど今の人には新鮮なんじゃないかな(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.338■

Daughter / If You Leave
■(2013)■もう去年の作品だったんだけどなぜかレコ屋でかかってて気になっても先延ばしにしてたんだけど結構はまってしまった。UKのスリーピース。ギターとドラムって編成なんだけどパンクじゃなくって音響系になるのかね?ゆったりとまったりと時間がすぎていく感じ。XX風だとか何とかいったりもするけどそこはレーベル4AD。エレクトロニクスって言うか効果音っていうかいろいろ加工してて、新人の1stにしてはかねかけてるな。マスタリングはEMIのエンジニアだし。最後までベースがはいってこないまま終わっちゃうところがある意味こだわりなのかな。今後どうなって行くのかがきになるところ。そろそろ次も構想中かな?(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.339■

The Horrors / Luminous
■(2014)■デビューしたときはパンクにひたすらギターをかき鳴らしてるとおもったら、いつの間にかもうコレで4枚目?すっかり路線もかわっていってゴシック行ったかなーっておもったらサイケになってごった煮にしてダンスロックになって。なんだか一昔前のプライマルスクリームみたいだなーって思ってたら解説にもおんなじ様なことが書いてあって同じ事思うんだなー。すっかりこなれて大物になってきちゃったけどどっかもっと偏ってほしいという思いもこめてのオススメ版。いやよく出来てるよ。(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.340■

The Men / Tomorrow's Hits
■(2014)■個人的にお気に入りパンクバンド。気がついたら5枚目!インディなのによくやるね。4枚目まではライブ感あるノイジーな混沌としたシューゲイズ風サイケデリックパンクもやってたんだけど、今回はかなり曲作り意識したとかでクールにロックンロールしててホーンセクション入れたりしてどうしたおいって感じだったけど、逆にいい感じにラフでGOOD。ところどころで顔を出す壊れそうな空気が緊張感になってて、更にどうなっていくのか期待。って感じだけど、個人的にはぶっ壊れてほしいかな(笑)(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.341■

Parquet Courts / Sunbathing Animal
■(2014)■この前かっこいいアルバム出てたじゃん!っておもったら速攻次のアルバムでてた!ファーガス&ジェロニモのメンバーとしてテキサスで活動していたアンドリュー・サヴェージを中心に結成した4人組ガレージ・パンク・バンド、っていあわれてみてもそれは知らない(笑)ローファイ、パンク、ロックンロール、ガレージとかそのへんにある要素全部ぶち込んでニュー・ヨークのノー・ウェーブ・シーンでも活躍してるそうだけど。でも英"Rough Trade"だしアメリカなのにイギリスっぽい!そこがいいんだよね、前出のTheMenとはまた違ってクールなところもおすすめ(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.342■

Lower / Seek Warmer Climes
■(2014)■なになに、デンマークコペンハーゲンのバンド?マタドールと契約のデビュー?これは間違いないでしょ。パンクともヘビーロックともいかないモダンロック!このままこじんまりしないでミックスしたままの激しさを持続してほしいね。マタドールだったら大丈夫かな不良な大御所もいっぱいいるし(笑)なかなか最近の新人は勢いがでてきたんじゃない?(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.343■

The Ghost Of A Saber Tooth Tiger / Midnight Sun
■(2014)■ショーンレノンって何やってるんかなーっておもったら地道に独自の路線でこつこつ色々やっていつの間にかこんなのつくってた。もちろん自分のレーベルからだしてきたけど、現代版サイケデリア!!いろいろフォロワーはおおいけどオリジネイターの息子は格が違うといいたかったのか、自分もフォロワーですってことなのか。ミックスがデイブフリッドマンでまさにあの音だし想像通りの快作(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.344■

A Sunny Day In Glasgow / Sea When Absent
■(2014)■じめじめした季節にはばっちりなバンド名じゃない。詳しいことはまったくわからんけど4年ぶりだそうで、グラスゴーじゃなくてアメリカのバンドらしいね。まあバンドなんだろうけどエレクトロシューゲともいえそうで、基本は女性Vo。むしろそっち側からバンドのアプローチってことみたいだね。曲ごとに音響処理加工もこまかーくしてるんだけどそこがなんか引き込まれる。ライブでやるのは面倒そうだけど、その辺は割り切ってるみたいだね。ジリジリブレイクしそうななかなか聞き込みそうな一枚。最近勢い一発な連中をきいてたからちょっと新鮮(笑)(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.345■

The Collectors / 鳴り止まないラブソング
■(2014)■結成27年、通算、えー20枚目?に、二十枚?われらが兄貴コレクターズのニューアルバム。学生時代にきいてからかれこれ…スゲーよ!残念なことに鉄壁だと思われた4人からベースのオリ君が脱退し、3人+サポートベースで行くらしいけどそれでもやり続ける限りききつずけるんだろうな。って人がいっぱいいるんだろうな。いいから買ってやってくれ!(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.346■

Moreno Veloso / Coisa Boa
■(2014)■ブラジルの若き才能としてタイプライターミュージックをモレーノ+2名義で作ってからもう何年たったんだろう。ブラジルワールドカップの年にひそかに出ていた。やってることは基本変わってないし相変わらずの今と昔が共存してる。このまったりとした空気感は独特。やっぱりいいね。いまさらな感じにもなるけどあのときを思い出す感じっていうのかな。やっぱりブラジルは熱いね。(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.347■

Spoon / They Want My Soul
■(2014)■日本だとごく一部のインディマニアにしか印象のない感じのスプーンだけどアメリカじゃアルバムチャートの上位に食い込むかなりなの知れたバンドだったりするんだけど、この新譜で日本でも盛り上がるか、あいかわらずなのか…。久々に聞いたわけだけどいいんだね。これ。まあどっかで来た音だと思ったらこれもデイブフリッドマンの仕業だった(笑)しかしあらゆるものに絡んでるね。最近は洋楽もこの手のがちょっと元気ないから夏フェスもあるんだしもっとはじけてきてくれないかと思う今日この頃(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.348■

Greys / If Anything
■(2014)■去年か一昨年だったか,cloudnothingsってバンドがかっこいいアルバム出して俺の中ではかなりのお気に入りなんだけど、そことレーベル名とだっていう新人のアルバムだっていうし、アナログで一発録りにちかく取ったっていうしこれは行くっきゃないでしょと聞かずに冒険してみたそしたらよかったねー、まあオルタナラウドパンクな感じなんだけど勢いがイイ。しかも新人んだっていうけど見た感じは結構な歳にもみえるし(笑)変にひねくれてるわけじゃないしメロディアスってことでもないんだけど曲が始まるとグットくるっていうのかな。こういう人ってすぐいなくなっちゃうけど頑張ってほしいね(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.349■

Benjamin Booker / Benjamin Booker
■(2014)■こいつはなかなかの注目株がデビューだよ。22歳のシンガーソングライターだってことだけど、まずは聞いてからって感じ。なんだこのしゃがれた声、しかもブルース、ロックンロールのいいとこどり。クールで熱くて!!いつの時代の人かと思ったら新人だっていうし、このつぎにどこに行くかはわからにところだけど、レニーとかヴァンハントとかを最初に聞いたようなショックを受けて迷わずかっちまったよ。四の五の言わずに聞くほうがはやい!!(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.350■

Wytches / Annabel Dream Reader
■(2014)■なんかこんなのがいきなり出てくるのがUkらっしいっちゃーらしいけど、なんだろうなー、サイケだという人もいたらサーフだって人もいるだろうに、呪術的ともいえるし、こういうところが好きなんだろうなー。テンプルズだったりいろいろ似た人もいるけどそのなかでも変わり者な好バンド。いかにも今風。(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.351■

The Drums / Encyclopedia
■(2014)■前のアルバムはクールなニューウェーブだなーっておもったけど、今度はさらに進化してさらにダークになって帰ってきた。かなりコアなところからも一歩突き出して多少万人うけもしそうだけど、そこはやっぱりドラムス。誰でもなく独自路線に突き進んでるところもイイね。で、結局音はどんな感じかっていうと、ジャケットのまま(笑)だからイイってもんさ、ちょっと前のホラーズともどこかでリンクしてるね。(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.352■

Blues Pills / Blues Pills
■(2014)■最近はツェッペリンのリマスターだのハードロック界隈のリマスターだのも続々出てきてオヤジたちも熱狂してるけど、いまでもこんな人いたのね。ジャケがジャケだし、どんなのかと思ったら、こいつら70年の人か?ジャニスか?っていうような新譜だった。いいんじゃないの?なんかこのあついハードロックでサイケでブルースな感じはちょっとうらやましかったりもするね。ps.Voが綺麗どころなところもイイ(笑)(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.353■

Vaselines / V For Vaselines
■(2014)■これっていつ振りだろうねグランジブームの時にカートコバーンもファンだったヴァセリンズがニューアルバム出してたよ。相変わらずのマイペースというか好きなようにやってるというか、うまいとか技術がどうかってことは相変わらず度外視した何ともゆるーい出来上がりだけどそれでもそこはヴァセリンズ!グランジの風味は全開だし、なんとなく気持ちよく一枚がおわるという秋の夜長にいいアルバムですな。(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.354■

Thurston Moore / The Best Day
■(2014)■このまえバンド率いてかっこいいアルバム出してたんだけど今度はソロ名義で約3年ぶりのサーストンムーア。まいはベックとかと駆らんでアコースティックに音響処理したかっこいいアルバムだったけど、今度は往年のソニックユースにちかづいたバンドさうんど!というか例のあの独特な響きのエレキギターをフューチャーしたアルバムって言ったほうがいいかも。きっとこの響きをずーっとひってたいんだろうなーっていう感じでワンコードで上物だけが変わってくだけで終わってしまうっちゅう感じ。だkらかっこいい(taka-zoo)
official site
movie
music

■No.355■

Julian Casablancas & Voidz / Tyranny
■(2014)■ストロークスが最近おとなしいなーと思ったらそろでこんなことになってた!本当はこうなりたかったのかって感じでブリブリ混沌としたガレージサイケになってやがった。まあ俺的には好きだからまったくよしって感じで気持ちヨーク聞けるけど、行き過ぎたんじゃないかってところもあるのかな?ここは好き嫌いが分かれるところかね。ソロなんだから好きにやらせろ!!っていうところが正直なところなのかも、いやでもメロとかはあのまんまだしカッコイイってことはまちがいなし!(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.356■

Prince / Art Official Age
■(2014)■説明はべつにいらんでしょ、最近はいろいろメディアに出てきたなーっておもったら2枚同時にリリースしたうちのこっちは本人名義のほう。力が抜けてるっていうかそのままっていうか、自分を自分でコピーするっていうか、そのままのプリンスだね、前にここにのっけたギタリストもそのままフューチャーしてるし相変わらずのバラードものも健在。ひねくれ具合もそのまま。相変わらず好き嫌いはわかれるだろうけどそこも含めての殿下だね。しかし昔のアルバムのリマスターはされないんだろうか…(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.357■

Foxygen / And Star Power
■(2014)■正直誰だか知らんかった、新譜か旧譜かもわからんかった(笑)サントラ風なのかソフトロックなのかサイケなのかガレージなのか、ただやってることは自由だしヘロヘロでいるようでしっかりしてて、ユニットのようでバンドで、最近のPONDとかUNKNOWNなんとかホテルとかなんとかインパラんとかのレイト'60サイケ志向バンドよりももっと精神的に入り込んでるのは間違いない。けど全体のバランスなのかな以外に気持ちいい。まあいまどきはこんなものもありってことで(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.358■

Nick Nicely / Space Of A Second
■(2014)■よく知らなかったんだけどXTCに影響を与えたとか、アリエルピンクが神とあがめるとか伝説のサイケポップシングルだけ作ってアルバムが出せなかったとか…要するに隠れた秘宝的な人なんだってね。しかももう50も越えていてのいつ振りか俺は知らないけどNEWアルバム。ってことで聞いてみてびっくり。しゅーげいずっていうかさいけっていうか、とにかくポップなのにぶっ飛んでる。ほとんどが加工しててカットアップで時折聞こえるアコギでホッとできるくらいのとんでもない一品。きっと天然なんだと思うけどかなり上級者向けなマニアックな濃い作品。でも気持ちいい。ここまでできたら気持ちいいだろうね(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.359■

Flaming Lips & Fwends / With a Little Help From My Fwends
■(2014)■本家じゃ音楽大賞やってるけどそこでもちらっと言ったサイケブーム。そのなかでもメジャーとインディ行ったり来たりしながら天然極彩色のことやってくるのがこのフレーミングリップスだけど2014年はここ来ましたか。わらったょこれは。まあ仲間と一緒にだけど、なんとマー、ビートルズのサージェントペッパーのそのまんまフルカバー!!そのまえにピンクフロイドのダークサイドインザムーンのフルカバーしてたけどさ、ここまでものすごいドロドロしたものにしちゃうセンスもすごいけどそれでもあの名盤も味わいはそのまま残すところがリスペクトというのかな。広ーい心を持った人は聞いてみてね。(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.360■

Hookworms / Hum
■(2014)■本家のデライトで今年の音楽賞はやっちゃってるけど、そこでもいってたいわゆるサイケブームの一つなのかな、これは。たしか1stはもっとマニアックで難解だったと思うんだけど、これは2nd。曲もわかりやすくガレージパンクとサイケくっつけたみたいな構成になってるし、動画みたら見た目もふつーな若者だし(笑)この辺がギャップっていうか今風っていうかそんな感じなんだろうね。でもなかなかよかったさ。変に肩ひじ張らない感じが天然ぽくていいんだよね。(taka-zoo)
official site
movie1
movie2

■No.361■

Tim Wheeler / Lost Domain
■(2014)■別冊と言いながらかれこれ1000枚以上をここに乗っけてるんだねちょっとあきれるよね(笑)、まだ日にちはあるけど2014もこれで最後の更新、ってことで最後はAshのtimのソロでしめようかな。と言ってもアッシュのあの感じはメロ中心んで全体にミディアムスローでフルオケも従えたゴージャスなアルバム。というかちょっと物悲しい、というのも追悼だったりもするみたいだしそれはしょうがないか、でも年末にゆったりしながら聞くにはいいアルバムだね。ところでやめちゃったギターの女の子はいまテクノポップなこと始めるみたいだけど、来年に期待ってことなのかな…、んじゃメリクリ!!(taka_zoo)
official site
movie1
movie2


★キクぜ!!超クールなロックオヤジ養成講座!!
PART1 PART2 PART3 PART4 PART5 PART6 PART7 PART8 PART9 PART10 PART11

★目指せ!!激渋ロッケンローラー矯正編(涙)!!
PART1 PART2 PART3 PART4 PART5 PART6 PART7 PART8 PART9 PART10 PART11

★あなたの人生を豊かにするちょっとディープなカーステレオライフ!!
PART1 PART2 PART3 PART4 PART5 PART6 PART7 PART8 PART9 PART10 PART11